商社で働くのに必要な語学力

TOPページ >> 語学力

商社で働くのに最低限必要な語学力

総合商社は転職者のあこがれの企業であり、30代でも年収1000万円を超えるとも言われている高い給与体系が魅力の企業です。日本だけでなく国際的な経済活動を行っており、それに適応できる人材を求めていることが多いです。採用時や採用条件にTOEICテストの点数を設定しているところも少なくありません。どの程度の語学力があれば採用条件に満足するのかは企業によっても異なりますし、明確に条件を提示している企業もあれば、提示していないところも見受けられます。

商社への転職を成功させるためには、語学堪能でなければならない、この表現は決して間違っていませんが、勘違いしやすいのは語学堪能だから採用されるわけではないということです。必要なスキルではありますが、それだけで転職を成功させるほどの効力はありません。つまり、最低限の語学力以上は、いくらそれを高めても採用されやすくはならないということです。実際にTOEICテストを会社内で推奨している商社は多く、海外派遣社員の基準としてTOEICテストの基準を設けている商社もあります。その社内的な基準は英語圏で700点、非英語圏で600点という会社もありました。その基準がそのまま採用基準としているところもあり、最低限の基準をそこに据えておけば、基準はクリアしているといえるでしょう。

ただし、転職を成功させるための決定的な要素に語学力があるわけではありません。それに、採用後にも求めているスキル基準であり、採用後にがんばればよいということも同時に意味しています。まったく語学力がない人材は採用されませんが、ある程度の語学力を身につけているとアピールすることができていれば、採用時には大きな問題とはなりません。ただし、高い語学力を身につけているということは、採用後の配属セクションやその後の仕事の任され方に大きく影響するといえるでしょう。あるに越したことはないわけです。

どの商社が採用時に語学力を重視するのかは、公表されている情報だけでは把握することは難しいです。そこで、転職支援サイトの専任エージェントが持っている情報を聞き出し、自分が語学堪能であればそのような商社を選択し、そうでなければ採用時にあまり重要視していないところを選択して転職活動することが効果的です。エージェントによって保有している情報は異なりますが、商社に強いといわれている転職エージェントなら、エージェント同士の情報交換の中で貴重な情報が得られる可能性は高いです。

外国語が活かせる商社求人情報一覧

・ロシア語
・スペイン語
・ポルトガル語
・フランス語
・中国語
・英語

商社求人が豊富!人気のエージェント1位と2位をご紹介!

ランキング 第1位
サービス名 リクルートエージェント
対応エリア 全国
公式ページ リクルートエージェント詳細へ
リクルートエージェント申込み
ランキング 第2位
サービス名 マイナビエージェント
対応エリア 全国
公式ページ マイナビエージェント詳細へ
マイナビエージェント申込み

© 2014 総合商社転職ガイド